スポンサーリンク

  • ショッピング
  • 旅の予約

« 訂正 | トップページ | 雨の中の移動 »

2012年5月 1日 (火)

国士舘VS二松学舎

国士舘VS二松学舎 昨日は子供に戻った後は四谷荒木町橘家で国士舘VS二松学舎大学の落語研究会の合同落語会に行ってきました、荒木町ですのでお世話になってる「りんごの花」の近く、というより歩いて20歩のホントに近い会場、なかなか立派な造りで一見お蕎麦屋さんかな?という場所でした、私も一度落語会やってみたい感じです、番組はわかりやすく国士舘は男、二松学舎は女ばかりの組み合わせでなかなかよかったですね、話もよく出来ていて私もちょっとパクリたくなりました、出来れば全員うちの一門に入ってくれたら嬉しいですが…。さて今日から両国寄席も始まります、私の出番は11日と13日ですが急遽今日も出る事になりました、先ほど「体調が悪いから今日代わりに出てくれない?、ゴホッゴホッ…。」とたいへん元気な声で連絡がありました、寄席に近いとすぐ呼び出しがあるので電話が鳴るとビクッとします、とにかくお時間ありましたらご来場下さい。

« 訂正 | トップページ | 雨の中の移動 »

コメント

大楽さん、こんにちは。
下北沢のまめ松珈琲、まめ松です。

八戸からロングバケーションに来ていた友人が「せっかく東京に来たのだから寄席ってものに行ってみたい」と言うので両国寄席のチラシをあずけたら早速行ってきたようです。

「大間出身の噺家さんがいるんだけど今日は出ないね」なんて言っていたら、しっかりと急遽交代の大楽さんの席を楽しみ、よくよく聞くと券売所でトークまでしてもぎりのバイトスカウトまでされたなんて言って「ああ!あの人がそうなの!?」と、晩酌どきにおおいに盛り上がりました。

ほんとに券売ってるんですね、大楽さん。

我が家を拠点にステイ中の彼女は、その日から私のiTunesに入っている落語を聴き荒らし、「青森に帰ったら図書館で落語のCD借りでみるね!せば!」と、元気に帰っていきました。

とっても楽しかったようです。
体ひとつでなん役もこなし、ないものをあるように見せ、音を鳴らし、座布団の上から世界を流す落語にとても感じいるものがあったようです。

彼女の東京散歩に、楽しい席をありがとうございました。

今度は私も行かなくちゃ!

この記事へのコメントは終了しました。

« 訂正 | トップページ | 雨の中の移動 »