スポンサーリンク

  • ショッピング
  • 旅の予約

« 1年間ありがとさん | トップページ | 初笑いの旅 »

2008年1月 8日 (火)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
新年あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願い致します。喪中の為、年末年始のご挨拶は控えておりました、年賀状を頂いた方には申し訳ありませんでした、この場をかりてお詫び致します。さて今年は元旦から忙しくてブログも更新してませんがやっと落ち着きましたのでこれからはバンバン書き込みます。2日は毎日新聞旅行のツアーで「東京ねずみツアー」で案内人をやってきました、東京駅を8時過ぎ出発して麻布のロシア大使館近くの鼠坂へ、江戸三大鼠坂を周る最初がここで車がやっと通れるくらいの細い場所、昔から細くてクネクネして鼠くらいしか通らないから鼠坂と言うらしい、東京はとにかく坂の多い所ですからあちこちに名前の付いた坂があります、みなさんも気を付けて見てもらうと家の近所にもたくさんあると思いますので標識を探してみてはいかがでしょうか、麻布の鼠坂を下って次は世田谷の豪徳寺へ、ここは猫が有名ですが一ヶ所だけねずみの彫り物があります、塔の周りに干支の彫り物があって子年の所になんと猫とねずみが一緒に彫ってあって実にシャレが効いてます、行く機会があったら探してみてください、祥雲寺の鼠塚を見てから
その後は市ヶ谷の鼠坂へ向かいましたがなんとここには標識が無く見事に切り取られとても殺風景、都もつまらない物にお金をかけないでこういう物を残せばいいのに、とツアー客のみなさんが言ってました、その後このツアーで1番キツイ音羽の鼠坂へ向かいました、通称音羽御殿の鳩山邸のすぐ側にありますがとにかく勾配がキツく私は下から見上げてました、みなさん60代以上の方々ですがとても元気でびっくり、歩かないと足腰が弱りますね、そしてお楽しみの昼飯の時間、ガーデンパレス内の「つきじ植村」で豪華なお昼、みなさんが食べ切れない物が全て私に…あ〜幸せ。その後国立博物館から上野寛永寺へ、正月は入場料がタダらしいのでスッゴい混んでました、庶民は情報が早いですね、最後に両国の回向院でねずみ小僧次郎吉の墓へ、博打にご利益があるので墓石を削ってもいいらしくみんな夢中でガリガリ、もちろん私もやりましたがその効果か正月競馬が大当たり!ありがたやありがたや、その後私は東京駅で降りましたが楽しいツアー、お年玉や焼き芋まで頂いて懐もお口もホクホク、みなさんお疲れ様でした、来年は牛ツアーかな?

« 1年間ありがとさん | トップページ | 初笑いの旅 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます。:

« 1年間ありがとさん | トップページ | 初笑いの旅 »