スポンサーリンク

  • ショッピング
  • 旅の予約

落語関連商品

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005年3月 1日 (火)

2005年3月

2005年03月28日
新幹線を降りたら地獄
東京駅の北口のバス停でクシャミ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみのオンパレード、青森ではなんともなかったのに新幹線を降りたとたん首から上がだんだんおかしくなってきた、自分の体の反応の早さにもう笑うしかない、今日は雨なので幾らか症状が軽めだが天気予報が晴れだと憂鬱な気分になる、花粉が終れば梅雨だし暑い夏は来るし残暑は厳しいし私が東京で快適に暮らせるのは11月から2月の4ヶ月だけ、あ〜やんなっちゃった、大橋巨泉になりたい!退院したのに足は芳しくなく点滴と投薬は続くし稼いだ金は入院費で消えるし…ドラえもんに助けてもらいたい、高松宮記念的中!!春のG1シリーズは俺にまかせろ。

投稿者 dairaku : 15:51 | トラックバック
2005年03月25日
やけに降りやがるぜ
この地方(大間町奥戸地区)にしてはめずらしく15センチくらいの大雪、雪が降った朝独特のシーンとした静けさの中外を見たら真っ白け!実家のホンダシビックがすっぽり雪の中、こんな雪久しぶりに見ました、東京でこれだけ降ったら機能停止でしょうね、今日は雪掻きでカロリー消費に汗をながしたい気分ですが寒いから寝てますかね。体の調子もまあまあでまだ足がピリピリしてますが日常生活には支障はないですが安静が必要との事、正座はしばらく無理ですね、来月8日の両国寄席の出番、そして第1回目の中山(千葉県船橋市)での落語会には間に合うと思います、是非ご来場を、先月の両国寄席はたいへんお客さんが少なくて寂しかったので皆さんどんどん来て下さい、今年の夏はず〜っと青森にいる予定です、仕事の他に地元の祭りに参加しないといけないので9月中頃まで滞在します、東京は暑くてイヤダ!

投稿者 dairaku : 11:00 | トラックバック
2005年03月23日
祝、退院!
やっとシャバに出てきました、しばらくは安静ですが自由っていいですね、一番は夜9時以降にテレビが見られるという事です、大間病院は9時になると突然テレビが映らなくなるので暇で暇で、他の病院はず〜っと見てもいいのに大間はダメ、しかも半袖でもいいくらい暖房が効いてるし周りは寝るのが早いしもう生き地獄!後は糖尿食が辛かった、量は少ないし味は薄いし野菜ばっかだし、まぁそんな体になった私が悪いのですがわかってても辛かった、でももう病院には戻りたくないので気を付けていきたいと思っています、人事と笑っている方、気を付けて下さいね、退院後さっそく大間町の金澤新町長にご挨拶に行ってきました、短い時間でしたが久しぶりの再会に話しが弾みました、私も微力ながら大間町の為貢献できればと思っています、ところでFLASHエキサイティングは見て頂けましたか?ちょっと記事が小さかったですが載るだけでもありがたいです、未だに貧乏なのは恥ずかしいですがこれが現実、いずれ長者番付けにでも載ってみたいですな〜、株でもやるか!だれか金貸してくれ!

投稿者 dairaku : 22:20 | トラックバック
2005年03月19日
入院報告中間発表
一昨年の夏以来の大間病院での入院になりましたが、相変わらず知り合いが多くてゆっくり寝てる暇がありません、さすがに患者の顔ぶれは替わりましたが、当たり前ですね、なんと病室に林家彦六師匠と先代三木助師匠と夫婦漫才の大助花子先代が…、入り口を入った瞬間ハッとしました、先代三木助師匠があの大きな鼻に酸素を通しているじゃありませんか!思わずご苦労様です、と言いそうになるほどソックリ!三木助師匠の動いてる姿は拝見した事はありませんがまさに双子の様、「味噌蔵」でも教えてくれないかな〜、そして彦六師匠、声がソックリで、あの独特の震えた感じが一緒で笑いをこらえるのが大変でした、実はこの方最初に手術した時の病院で同室だった方で1年半ぶりの再会、看護師に答えてしゃべっている時にあの彦六ボイスが…感動の再会です、きけばあっちこっちの病院をたらい回しの末このさいはての病院に辿り着いたとの事、今回の正蔵襲名について伺った所何の事かわからないそうで…落語には興味ないみたい、そして毎回楽しましてくれるのが大助花子さん、共に80歳近くだと思うんですがカミさんの強烈なツッコミで旦那の方はアウアウとしか言えず生で舞台を観ている様、一度聞せてあげたいくらいなネタ?お金払ってもいい、私の方は連休明けの退院になりそうです、ではまた。

投稿者 dairaku : 07:35 | トラックバック
2005年03月12日
まいった!
10日に実家へ帰って来てゆっくり寝ていたら真夜中2時すぎに猛烈な体の震えがきて右足のふくらはぎにシビレが、そうですまた『ほうかしき炎』の再発です、という訳で明日から入院です、日記もしばらくお休みします、最悪手術らしいのでいつ退院になるかわかりません、よかったら大間病院まで見舞いに来て下さい、またお見舞いメールも待ってます、では行ってきます。

投稿者 dairaku : 21:12 | トラックバック
2005年03月10日
相変わらず
いつ来ても寒い青森県、下北駅は吹雪で実家までの1時間(車で)ずっと吹雪、いくら東京が寒いと言ってもこっちに比べれば屁みたいなもの、慣れれば何ともないがやっぱり大変だ、さて25日まで滞在中ほとんど暇がなく下北半島から函館、青森市内まで挨拶周りや営業で飛び回る予定で体を壊さないか心配である、こっちへ帰ると必ず病院の世話になっているので今回は絶対行かないようにしよう、ありがたい事に花粉症が出ないので助かってますがすでに喉が痛くなって困った、新幹線は暖房が効きすぎで敵わん!少し寒い方がいいと思うが皆さんはどう感じますか?寄席の客席もそうだが暑いと集中力も落ちるし喉も乾くしあまりよくないと思うが寒いとまた落ち着きがないような気がする、演者としては寒い方がやりやすいが…難しい、寄席の売り上げも芳しくないので冬は暖房ガンガン、夏は冷房ガンガンにして飲み物を売ろうかな?若竹ではやってたと聞いた事があるが、個人的にはソフトクリームとたい焼きを売りたい、でも自分が一番の客になりそうだな〜

投稿者 dairaku : 21:17 | トラックバック
2005年03月08日
昨日の続き
こすり男、歯磨きオヤジ同様私が入ってから出るまでカカトをこすっている、決して湯舟には入らずただこすっている、骨が見えるんじゃないかと心配になるくらいこする、不思議だが見ていて飽きない人だ、月一回男、この人は月末しか見ないので多分月一回しか来てないと思う、頭は何回も洗うし耳の穴からへその穴から足の指の間からじっくり時間をかけて最後はサウナでしめる、相当汚れていると思う、1キロは体重が違うんじゃないかな?アチーッアチーッオヤジ、風呂に入っている時は無口だが上がってからひたすらアチーッアチーッと言ってる、着替えて帰るまでアチーッて言ってる、わけわからん、冬なのに…、じ〜っと男、風呂のヘリに座ってじ〜っと一点を見つめ15分くらい、さぶいぼが出ているのに湯舟に入らずただじ〜っと、そんなに考える事があるのかといいたいが目がイッてるので怖い、でも邪魔、いろんな人がいますが相手も私の事を変な奴だと思っているだろう、だって変だもん。

投稿者 dairaku : 20:19 | トラックバック
2005年03月07日
銭湯の変人達
おかげ様で未だ貧乏暮らしの私、風呂付きの部屋は夢のまた夢、せめてトイレ付きの部屋には住みたいものですが、今通ってる銭湯には変わった人々が来ます、その1、腕立て伏せ男、この方は必ず体を洗ったあと一生懸命腕立て伏せをする、一心不乱脇目も触れずひたすら腕立て伏せ、湯舟につかってまた腕立て伏せ、またある日は腹筋やストレッチ、スポーツクラブ行ってくれ!その2、歯磨きオヤジ、私が番台で400円を払って中を見るとその方はすでに歯磨きの最中、風呂から上がって帰る時、中を見るとまだ歯磨き中、この人には何本歯があるのか?その3、これでもかジジィ、この方は親の仇の様にタオルを絞る、髭をソリ終わって顔を拭いたその後、ひたすらタオルを絞る、半端じゃない絞り方、一滴も水滴が残ってないんじゃないかと思うくらい絞る、その絞り切ったタオルで今度は体を拭いてまたこれでもか!というくらいタオルを絞る、首を振って体中の力を全部腕に集中させてタオルを絞る、その後シャンプー、石鹸箱、剃刀の水滴を拭き取ってまたタオルを絞る、文章じゃ分かりづらいが実際見てると楽しい楽しい、舞台へ出しても金が取れる芸です、一度両国寄席に出てもらおうかな?パート2をお楽しみに。

投稿者 dairaku : 19:57 | トラックバック
2005年03月05日
すってんコロリン
東京に久しぶりの積雪、ニュースを見ると滑って転んで救急車で運ばれる人が沢山いる様子、青森県人から見ると “なんでだろう”って感じですが、東京の様にいろんな県から人が流れて来る所では歩き方を知らない人がいて当たり前、靴の選択は難しい所ですが、だいたい分かりそうなもんですね、テレビを見てないのか雪が何か分かんないのかただの無知なのか毎年おんなじニュースばかり、よく見ると歩き方がなっとらんですな、南国方は修学旅行に冬の雪国がおすすめ、歩き方を学びましょう、是非青森県へ。まだドライバーをやってた頃3月に大雪があって千葉県の船橋工場から東京駅まで6時間もかかりすごく困った事がありました、高速道路が通行止めで一般道が大混乱、トラックに無線が付いてないし携帯も今みたいに全員が持ってなかった時代ですから全く情報が無くラジオだけが頼り、でもどの道がすいてるかという情報は言わないのでただハマリっぱなし、しかし帰りの方が大変で会社に着いたのが夜11時半!もうクタクタ!一番困ったのがトイレで行きは我慢できたが帰りは恐いでどうしようかと思って、幸いトラックは車高が高いので飲み終わった牛乳パック(1)をアソコに当てがい…、とにかく大変でした、会社へ帰ったらまだ戻ってないトラックもあってくらい、テポドン落とすより大雪降らした方がよっぽど効くかも?情けない街ですな東京って所は。

投稿者 dairaku : 18:55 | トラックバック
2005年03月02日
閑古鳥
それにしても両国寄席はお客さんが入らない、寄席としての知名度もまだまだ、場所もイマイチ、(本所警察の隣)夜なると人通りがなくなる、円楽は出演しない、会場がパイプ椅子…などいろんな要素が重なって閑古鳥が鳴いていると思うが、全然宣伝してない訳でもなく商店街へのチラシ配りや東京かわら版への掲載、招待券の配布などやってない事もない、でも閑古鳥、何かいい方法はないでしょか?私が受け付けに座っている時は割引きしますので皆さん是非来て下さい、さて、マンションの工事ですが、朝7時半くらいからうるさくて寝ちゃいられない!2階建の古いアパートを取り壊してから始めるようで、その解体が終わるまでドンドンカンカンが続くみたい、まいったなーと思っていたらその音が慣れてきたらいい子守り歌になって今ではグッスリ寝ています、なにせ一旦寝たら地震でも火事でも起きない体なので慣れちゃえばこっちのもん、ず〜っとやってろ!コンチクショウ!完成したらタダで住まわせろ!

投稿者 dairaku : 18:52 | トラックバック

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

フォト
無料ブログはココログ